2020/03/06

今冬もあとちょっとだけど薪割り

薪割り
今シーズンは暖冬でした。
房総半島では雪が降ったのは1回?
暖かい日があって、雨も週に1日はあったような、庭のカジイチゴはもう蕾をつけているし、チューリップも芽が出て来たし、、、。
ですが、寒い日もあって、最高気温が10度前後の日は、例え最低気温が6~7度でも、やっぱりまだまだ冬だなぁ、と思います。

さて、今冬は薪のストックがほとんどなかったのですが、思いがけず10年超えの乾燥しきった杉の薪を軽トラ2杯分いただく幸運に恵まれて、わずかな手持ちの(玉のままだった)薪を少しずつ割って薪にしたり、古びた端材を切って薪にしたりして、なんとかここまで来ています。
今冬は多分今月末まで焚いて、薪ストーブシーズンは終了でしょう。
ということで、玉のままの(割りにくい)ヒノキ系コニファーを、割りやすいものを選んで少し割りました。
杉の薪とミックスしながら使えば、2週間分はありそうです。
これくらいなら、いい運動になります!

にほんブログ村 にほんブログ村


2020/02/02

再び杉の薪をいただく

いただいた杉の薪
昨年末にログハウス&薪ストーブ仲間のMさんに誘われていただきに行った杉の薪を、再びいただいてきました。
乾燥具合は20年物かも?とのことですが、前回いただいたものを焚いてみると、少しハゼは気になりますが、思いのほかゆっくり燃えてくれて、今冬は貴重な戦力になっています。
これだけあれば(しかもすでに割ってあるし)、今冬は余裕で乗り切れそうです。
本当にありがたいことです!

にほんブログ村 にほんブログ村


2020/01/05

新年早々すこしだけ薪割り

新年早々すこしだけ薪割り
今シーズンはストックがないので、いただいた薪や玉のままのものを薪割りしながら、焚いています。
ただ、玉のものは節だらけで枝だらけなので、割るのはかなりしんどい!
でも割れれば、針葉樹(たぶんヒノキ系)のわりに、いい感じで燃えてくれます。
広葉樹ほどではないにしても、なかなかの火持ちです。

こんな感じで今シーズン焚き始めて一か月が過ぎましたが、暖冬のせいか薪の消費は多くありません。
杉の薪でもってるんだから、暖冬なんですよね~本当に。

暖冬でまだヒメツルソバが咲いています
花期が5月から秋のはずの庭のヒメツルソバはまだ花を付けたままです。
どうなっとんねん?

にほんブログ村 にほんブログ村


2019/12/09

端材をたくさんいただく

端材をたくさんいただいた
薪にどうぞ、と工務店社長のMさんの好意で、倉庫にストックされていたパイン(欧州アカマツ)の端材をたくさんいただきました。
もとは全てログハウスの部材です。
Mさんは2011年から工務店を起ち上げて、親しかった大工(ログビルダー)のIさんと二人でログハウスを建ててきました。
しかしながら、昨今の建築不況に飲まれ、ログハウスの受注も減り、ついに店じまいを決断されました。
Mさんは、我が家を建ててくださった時の営業さんでもあり、ずっと微力ながら応援してきたので、とても残念なことです。

軽トラサンバーに端材を積む
軽トラに積みました。
束ねてあったので、そのまま積みましたが、結構重いです。
薪に、といただくものですが、もしかしたら小屋づくりの材料にするかもしれません。
端材とはいえ、こんなしっかりした材料は、近頃の木材の高騰を見ると、もったいない!って思ってしまいます。
頭使って、いいもの作らせていただこうと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村
2019/12/04

杉の薪を薪棚に積む

新しい薪棚
軽トラいっぱいにいただいた杉の薪を薪棚8号?に下しました。
積んでみると、まだ余裕があります。
今までで一番容量がある薪棚かもしれません。
日当たりがいい場所なので、広葉樹を中心に置けるように、薪集めをしていこうかなぁ。

新しい薪棚
それにしても長さは45cmくらいで、かなり細めに割ってあります。
何のために大量に作った薪なのか持ち主に尋ねませんでしたが、なんとなく持ち主のご家族が作られたようでした。
作った方の本来の目的ではないでしょうが、この杉の樹が薪として利用されるのは、いいことだと思います。
ただ焼却場に持ち込まれるより、ずっといいです。

にほんブログ村 にほんブログ村