2020/10/07

Something/Anything

トッド・ラングレンのサムシング/エニシング
ダウンロードやストリーミングで音楽を聴くことが日常的になってきましたが、近い将来なくなってしまうんじゃないか?と思う音楽CDというメディアで買えるうちに、と思ってトッド・ラングレンの名盤「Something/Anything」を買いました。
「ハロー・イッツ・ミー」や「アイ・ソー・ザ・ライト」などの曲が有名です。
20代の頃に買ったLP盤も持っているのですが、手持ちのレコードプレイヤーがいつ動かなくなるかわかりませんし。

10代の頃は、アメリカやイギリスのポップスやロック、ジャズ・フュージョン、YMOとそのファミリーなどをよく聴いていました。
ビルボードやキャッシュボックスのチャートを賑わせた80年代の洋楽は今でも多分7割方はわかると思います。
そんな中、多くのミュージシャンが影響を受けたという1972年のトッド・ラングレンのこの2枚組アルバムを、私は確か輸入レコード店で購入したのでした。
初期のホールアンドオーツのプロデューサーでもあったトッドの楽曲を、私はすぐに気に入り、すべての楽器を自分で演奏し、コーラスを重ね、歌を唄う、まるでスタジオレコーディングを垣間見ているような、少しラフな作りのアルバムは、じっくり聴くに足る、スルメのような味わいを持っています。

「Something/Anything」は2枚組LP盤で持っていましたが、その後70年代の他の2枚のアルバム「A Wizard, a True Star」「Hermit of Mink Hollow」と、80年代以降の3枚のアルバム「A Cappella」「Nearly Human」「2nd Wind」は、輸入盤や中古などのCDで購入したのでした。
というわけで、やっとCD盤を購入し、ちょっとすっきりした音のトッドを訊いています。

LPのアナログの音は、上も下も欲張っていない分、厚みと温かみを感じます。
私には、今でもLP盤の音が好きです。
あまり多くのLP盤は持っていませんが、今でも時々聴くことがありますし、これからはもっと聴きたいなと思います。
10代から20代にかけて、他人との共通項をあまり持っていなかったゆえの孤独感や疎外感を癒してくれたのが、よく聴いた音楽たちでした。
今でもそれは変わらないような気がして、またこうやってCDを買ったりしてしまうのかもしれませんね。

にほんブログ村 にほんブログ村


2020/03/08

Bluetoothイヤホンエレコム製RH1000

エレコム製BluetoothイヤホンRH1000MX
ブルートゥースイヤホンを初めて購入しました。
エレコム製BluetoothイヤホンRH1000MXです。

妻が昨年からオンライン講座をいろいろと始めていて(なかなか需要があり)、手持ちの(スマホにおまけで付属していたやつ)マイク付き有線イヤホンを使っていたのですが、ちょっと不便なことがあり、無線化しようということで、物色してみました。

エレコム製ブルートゥースイヤホンRH1000シリーズ
ブルートゥース機器を購入する際に気を付けたいこととして、
  • Bluetoothのバージョンは何か(本機はVer.5.0)。

  • 送信機か受信機か、またはその両方か(本機は受信機)。

  • 対応プロファイルは何か(本機はA2DP、AVRCP、HEP、HSP、HID)。

  • A2DPの対応コーデックは何か(本機はSBC、AAC、Qualcomm aptX、Qualcomm aptX LL)。

ざっと調べたところでは、ブルートゥースのバージョンは新しいほど転送スピードが速く、低消費電力なようです。
また、スマホでハンズフリー通話するには、HSP/HEPプロファイルが必要です。
そして、音楽のデータ送信には、A2DPプロファイルのコーデックが音質と遅延に関係するところです。
私が重視したのは、aptX LLコーデックです(LLはLow Latency 低遅延ってこと)。
高音質コーデックには、アップルのAAC、ソニーのLDAC、QualcommのaptXなどがありますが、我が家にはアップル製品がなく、Window 10標準搭載のaptXが(Android機はVer8.0からこのコーデックが載せられるが、対応状況は端末メーカー次第らしい)後々良かろうと思い、また低遅延なaptX LLがあった方が、将来テレビ音声をブルートゥースで飛ばしてみる場合にaptX LL対応のトランスミッターを用意すれば実現できるだろうと予想して、本機を選択しました。
テレビで映画やドラマを観る時に低遅延はとても重要で、リップシンク(つまり映像の口の動きと声がずれているとすごく気になってくるらしい)は音声無線の最大の課題です。
もちろん、これらを満たすブルートゥースイヤホンは他にもたくさんありますが、エレコム製を選んだのは単に(海外生産品だろうと)国内メーカー製を選びたかった、ということと、あとは価格的なものです。

まあ、今回の用途(オンライン講座)では、全く考慮する必要はないのですが、転用できる余地があるものを購入しておこうと考えるのが、私のポリシーなもんで。
今度は(オーディオの無線化のために)ブルートゥース送受信機(トランスミッター/レシーバー)を物色しようと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村


続きを読む

2020/02/04

電源不要パッシブスピーカー

パッシブスピーカー
リクエストをいただいて、スマートフォンやタブレットを乗せてスピーカーから出る音をちょっとだけ大きくしてくれる、パッシブスピーカーを作ったのですが、それが妻のお友達のトールペイントで着色されました。
以前につくったものは、試しに作ったもので、今回はiPad minが乗せられるようにということで、立てかけやすいように背もたれ部を作ってみました。
音質的には、試作品より音のバランス(高域と低域)が良くなりました。
どうやら背もたれ部が効いているようで、後ろ側に逃げる音を減らせたのが良かったようです。

もともとスマホやタブレットの音はハイ上がり(というか低域が出てない)ので、高域はマイルドにして、中低域を少しでも上げれば、バランスがいい方にいくはずです。
最近の傾向として、残念ながら素直な低音は好まれません。
はっきりした切れの良い低音が好まれていて、でも私は音楽を聴くときは聞き疲れするので、あまり好きではありません。
歳のせいですね!

にほんブログ村 にほんブログ村


2019/07/26

fire TV Stick 4K

Fire TV Stick 4K
我が家には2台の液晶テレビがありますが、どちらも8~6年前のもので、テレビ内のアプリはありません。
しかし、2年前に購入したブルーレイレコーダーにはアプリがあり、このレコーダーはリビングのテレビに接続して使っていてAmazon Prime Videoを楽しんでいます。
もう一台のテレビを同じように楽しめたらな、という希望を実現してくれるのは、Amazonのfire tvです。
(このfire TV StickはテレビのHDMI入力に直接つなぐ小さなパソコン(実際中身はfire OSのパソコンですが)のようなもので、機能が特化していて、操作はリモコンで行うものです。)
そうはわかっていたのですが、ずっと横目で見ていました。
でも、fire TV stickが4Kに対応したので、そろそろ使ってみようかな、と思い、PrimeDayセールでお得に入手。
電源をとるためのケーブル長が150cmくらいなので、ちょっと取り回しは必要ですが、そこさえなんとかなれば、セッティングは簡単でした。
Wifiの接続も自動で認識するし、アカウントの紐づけは最初からされているし(デフォルトはアカウントで購入したものに紐づいている)Echo Plusにも自動で認識されて、Alexa対応リモコンもすぐにReady状態。
素晴らしいですね。
操作感も思いのほかきびきびしていて、レコーダーよりレスポンスが断然いいです。
レコーダーのアプリを使いたくなくなるかも!?
いやー、買い増しも近い将来ありそうですね~。

にほんブログ村 にほんブログ村



2019/07/20

Amazon Echo Plus(第2世代)

Amazon Echo Plus(第2世代)
遅ればせながら、Amazon Echo Plus(第2世代)をPrimeDayセールで購入しました。
ウェブサイトを作ったり、教えたり、パソコンやカメラの使い方を教えたり、プログラミング教室の準備をしたり、そんなことをやっているのに、スマートホーム系は様子見していました。
新しいものは、最初に飛びつくことはしないようにしています。
何でも新しい技術というのは、その時までの技術で良しと判断された段階で世に出てきます。
(ビジネス上の判断も重要で、かなり未熟なまま世に出ることも、残念ながらあります)
そして出した後も改良、改善が続けられて、磨かれていきます。
そして熟成され、一般化され、どこでも作れるようになり、(例えば日本では)商売にならなくなっていきます。
10年メーカー勤務して分かったことです。

では、なぜ今、購入したか?
それは、世の中の技術の進み具合と、製品の進み具合、周辺機器の巻き込まれ具合、自分たちの年齢、そして我が家のニーズ、色々なことを勘案して、そろそろかな?と思ったからです。
もちろん、今月突然我が家にやってきた、ソニーのサウンドバーがAmazonAlexaに対応していたことも大きなきっかけです。
そして、以前にダウンライトを改造して設置したIKEAのトロードフリというスマート電球がZigbeeというスマート家電用の無線の規格に準拠していて、Amazon Echo Plusで操作できる(らしいということがわかっている)から、というのもあります。

まあ、新しい技術はついていける内に取り入れていかないとね!
何しろ、楽しまなくっちゃ!って、実際のところ、モノラルだけど音がいいし、反応もいいし、意外と小さいし、思ったより面白いです。
ロボットが人の隣に普通にいる世界がもうすぐそこまで来ているのですね~。

にほんブログ村 にほんブログ村