2022/04/24

ダンロップ エナセーブEC204

ダンロップ エナセーブEC204 ウェイクの夏タイヤ交換
今月は我が家のダイハツウェイクの2回目の車検月です。
5年経過したし、乗り始めて4年半ですし、45,000km超走行なので色々交換の時期が来ました。
まずは、バッテリーの交換で、ウェイクはアイドリングストップ車なので、専用のバッテリーでM-42というタイプが標準装着されています。
続いてエンジンオイルとオイルフィルター、これも交換です。(若い頃は5,000km毎にまめに交換したものですが、今やすっかりダメオーナーですね、10,000kmオーバーでの交換です)
これらは車検と同時に作業してもらうことにしました。
費用はカーショップとさほど変わりませんでした。

そしてタイヤの交換です。
夏タイヤが4年半経ってさすがにひび割れが目立ち、高速走行時にバーストなんてことになったら嫌なので、溝は残っていますが交換です。
以前にスタッドレスタイヤはアルミホイールとセットで通販で購入しましたが、夏タイヤは通販で安く購入してもホイールへの組み換えでどこかに持ち込んで(工賃、処分等代を払い)作業してもらわねばならず、そのやり取りやら、総額いくらだろう?やら、を考えていたら面倒になって、以前に乗っていた車たちでお世話になってきた「キタザワタイヤ成東店」さんで交換することにしました。

Dunlop エナセーブEC204 155/65R14
「キタザワタイヤ」さんで一番値引きできるのはダンロップのタイヤだということで、ダンロップ(DUNLOP) 低燃費タイヤ エナセーブ EC204にすることにしました。
サイズは、155/65R14 75Sで、費用は工賃処分費込みで、30,844円でした(1本税込7,711円、税抜7,010円)
ちなみにAmazonでは4本セットで18,887円(2022/04/某日時点)ですが、作業店に持ち込んでタイヤ組み換えをしてもらうと4本の(工賃+処分+バルブ交換)は平均して8,000円くらいかかります。
ということで、約27,000円くらいになるということで、3,000~4,000円の節約のための労力を省き、タイヤ専門店にお任せする安心感を(安全も)とることにしました。

ウェイクはスタッドレスタイヤのままで、軽トラに夏タイヤを載せて持って行き、1時間ほどで組み換えをしてもらい、また軽トラに載せて帰って、ウェイクの車検時にいっしょに持ち込んで、タイヤ交換してもらいました。

このエナセーブ EC204というタイヤは、それまで履いていたエナセーブEC300+という新車装着用タイヤと同等の性能だということで、乗り心地も耐摩耗性も変わりなく使えそうだということも、これに決めた理由のひとつです。
乗ってみた感じは、やはりソフトに感じて、旧タイヤは大分硬化が進んでいたのだなと実感しました。
これで安心です。

にほんブログ村 にほんブログ村


続きを読む

2021/12/17

ダイハツウェイクのタイヤ交換

ダイハツウェイクのタイヤ交換
そろそろ寒くなってきて、今冬は降雪の回数も多いかも?と予想しているので、スタッドレスタイヤへの交換も早めにすることにしました。
と思って過去記事を見たら、同じ頃でした~。
ノーマルタイヤの方はそろそろ交換時期のようです。
春までに準備しないとな~。ちょっと気が重いけど。

ダイハツウェイクのタイヤ交換
軽自動車のいいところのひとつに、DIYでタイヤ交換するのが楽だというのがあります。
ジャッキアップも楽だし、タイヤを運ぶのも楽です。
車の構造がシンプルで簡素なので、車いじりのハードルが低いのも、まさにDIY派向きの車ですね。
カラーも含めつくづく、いい車を選択したなと妻と二人で自画自賛しています。
いつもまでも乗れるわけではありませんが、楽しみ尽くしたいと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村


2020/12/14

スタッドレスにタイヤ交換

スタッドレスにタイヤ交換
今冬はここ数年より、寒くなりそうです。
今秋は、秋らしい秋で、夏も8月で終わり、残暑も短く9月は涼しくなり、10~11月は久しぶりに秋らしい季節になりました。
そして11月の中旬頃から寒い日があって、急いで薪ストーブの準備などしましたが、12月中旬には早くも最低気温が氷点下予報で、自動車の冬装備を急がねばなりません。
と言っても、一番の備えはタイヤをスタッドレスに交換することです。

今回は、姪っ子のダイハツトコットと、義母が乗るニッサンオッティと、我が家のダイハツウェイクの3台を2日かけて交換しました。
あー、筋肉痛間違いなし。
夏タイヤ中に一旦ディーラーの点検に入ったダイハツの2台は、ボルトをクロスレンチで外すのは平気でしたが、同じく夏にディーラー点検に入ったニッサンオッティはボルトがすごーく固くて、外れないかと思いました。
日産のディーラーさん勘弁してください。
トルク管理されてるのか、ちょっと疑問です。

にほんブログ村 にほんブログ村


2020/06/02

槌屋YACの幅230mmのルームミラー

槌屋YACヤック ルームミラーハイブリッド5000SRミラー幅230mmクローム鏡DC-24
我が家のメインカーであるダイハツウェイクには、今までルームミラー型のドライブレコーダーを設置していました。
ですが、新たにフロントウィンドウに設置するタイプの、JVC KENWOODのGC-DR20というドライブレコーダーにしたので、ルームミラー型のドラレコはサンバーへ移植しました。
それで、ルームミラーを純正のまま使用していたのですが、どうも後方視界が狭くて、ちょっと不安でした。
軽ハイトワンボックスの天井は高く、そこから生えているルームミラーも(セダンに比べて)遠くて、余計に後方のミラーに写る範囲が狭く感じられます。
そこで、カーアクセサリーの定番ルームミラーを物色してみました。
色々見てみて、ウェイクの左右バイザーの間隔は250mmないくらいなのと、夜に後続車のLEDライトが眩しくないように、そして後方が遠く映らないように曲率のきつくないもの、という条件にハマる、
「槌屋ヤック ルームミラー ハイブリッド 5000SRミラー 230 クローム鏡 DC-24」
というものにしました。

槌屋YACヤック ルームミラーハイブリッド5000SRミラー幅230mmクローム鏡DC-24
幅230mmというのはミラーの幅なので、外寸は数mm大きいです。
ですが、バイザーの間に収まり、バイザーの出し入れの邪魔になりません。
(他社のものは全て幅240mmで(外寸が250mm近くあり)バイザーの出し入れにギリギリ干渉するらしい)
後方の距離感もドアミラーに近く、いい感じです。
5000SRというのは球面半径(多分、Spherical Radius)が、5000mm(の凸面鏡)ってことです。(3000Rや1400SRって商品も他社にはありますが、ちょっと曲率がきつくて、後方がかなり小さく見えますね)

ダイハツウェイク純正ルームミラー
純正ルームミラーの見え方です。
リアウィンドウのみ、って感じです。

さて、あとは走りながらの見え方ですが、慣れの部分もあるので、しばらく使ってみてどうかな?
妻は「素晴らしい~やっと見やすくなった!」とのことで、まあ安全が第一ですからね、使いやすいと感じることが一番大事ですね。

にほんブログ村 にほんブログ村


続きを読む

2020/05/02

ドライブレコーダーGC-DR20設置

ドライブレコーダー GC-DR20 DIY設置
これまで使ってきたドライブレコーダー ユピテル製DRY-FH220Mは、タイヤ館のフリーペーパーの創刊号のプレゼントで当たったもので、今から7年くらい前に、以前乗っていた車に付けていたもので、ダイハツウェイクにも付けていたのですが、このドライブレコーダーはルームミラー型で軽ミニバンのルームミラーには不向きでした。
理由は、ルームミラーがフロントウィンドウから離れているので、前方視界が全然足りません。
特に上方が映らず、交差点侵入時の信号機が映りません。
さらに問題だったのは、カメラの向きを優先すると後方視界がほとんど取れないということでした。

ということで、ウェイクに乗り始めてすぐに新しいドライブレコーダーに変えようと思っていたのですが、なかなか機種選定に迷ってしまって、2年経ってしまいました。
ですが、今年初めに姪っ子のミラトコットに設置したドライブレコーダーがなかなか良かったので、うちのウェイクにも付けることに決めました。
それはJVC KENWOODの「論よりスマホ」GC-DR20という機種です。
選定理由は色々あって、まず国産メーカー(中国メーカーはamazonでたくさんあるけど、日本向け品質管理が?)。
GPS付は時刻修正自動で出来ていいけど、経路を専用ビューワーで見るまではしないし(専用ビューワーのセキュリティが不安)。
前後カメラ付きはいいけど、後方カメラだけ壊れたら?(前と後ろは独立してた方がいい)。
この機種の一番いいところは、国産メーカーでWifi接続でスマホで録画ファイルがすぐ見られるというところ。
事故の時、警察にすぐに動画が見せられるのは、すごく大事!
だから、画質や夜間の見え方が、ちょっと前レベルでも良しとしました。
さらに、この機種はユピテルさんのOEMっぽいので、そこも安心材料としました。

まあ、ドライブレコーダーが活躍することがないのが一番ですが、残念ながら3年前にもらい事故があって、証拠映像として活躍したので、スマホやナビなどに気を取られて、わき見運転する人は依然多くて、車に関心が薄れてしまった若者の運転レベルもちょっと...?、そんなご時世ですから、今現在もこれからも車には必須のアクセサリーでしょう。

不調のユピテルDRY-FH220Mは、使えるうちはサンバーに載っけておこうかなと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村


続きを読む