2019/10/30

どこから来たのかミニバラが咲く

ミニバラがこんなところに
こんなところ(薪棚の脇)に植えたことはないのですが、ミニバラが咲いていました。
現在の園芸種のバラは種を作りませんが、もともとの原種のバラは種も作るし、花びらも八重ではありません。
このミニバラも花からすると原種に近いもののようですから、種がどこからか飛んできたのでしょう。
または鳥さんのせい?
雑草と間違えないようにどこかに移植した方がいいかもしれません。
今年は2度の台風の襲来で庭はひどいものですが、ほっとさせてくれる小さな花でした。

にほんブログ村 にほんブログ村



2019/04/25

クリムゾンクローバー

クリムゾンクローバー
九十九里ハーブガーデンでランチをしました。
そのあと、外に出てみるとハーブの花が色々咲き始めていました。
その中にクリムゾンクローバーが見事に咲いていました。
我が家の庭にも、かつて植えてみたのですが、数年でなくなってしまいました。
夏の乾燥に負けてしまったのかもしれません。
庭の環境が変わったら、また植えてみたいもののひとつです。

にほんブログ村 にほんブログ村
2019/04/07

佐倉市の国立歴史民俗博物館の桜のライトアップ

千葉県佐倉市 歴史民俗博物館の桜のライトアップ
千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館で、桜のライトアップがあると知って、行ってみました。
展示室は午後5時半くらいで終了ですが、期間中は午後6時から8時までライトアップにあわせてエントランスホールだけ入ることが出来ます。
エントランスホールから大きな窓越しにライトアップされた桜が、まるで屏風絵のように見えるという仕掛けです。
が、案の定エントランスホールは人がいっぱいで、落ち着いて撮れるわけでもなく、また皆と同じような写真が撮れるだけですので、外に出て、その反対側から撮ってみました。
今年の桜は、強風や大雨にさらされることなく、穏やかな日が続いたおかげで、いい姿を見せてくれましたね。
この日も風が弱く、陽が落ちてシャッタースピードが遅くなっても、被写体ブレすることなく、写ってくれました。

ところで、そもそも以前から国立歴史民俗博物館には行ってみたいと思っていましたが、館内の展示についてはまた別の機会にじっくり見てみたいと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村


2019/03/31

目黒川のライトアップされた桜

目黒川のライトアップされた桜
東京都目黒区の目黒川には桜並木があり、ライトアップされた桜は人気です。
妻が行ってみたいというので、初めて行ってみましたが、すごい人でびっくりしました。
人混みが苦手な私ですが、せっかく来たのだからとがんばって撮ってみたのですが、後で見返すと自分の好みではありません。
目黒駅の近くの駐車場に車を停めたので、中目黒付近から歩いて戻る途中の目黒区民センター付近で撮った一枚が自分的には好きです。
100年前はどんな川だったのかな、と思わずにはいられない大都会を流れる川。
きっちり護岸されてはいますが、野鳥や水棲動物など生き物の気配は意外と感じられる目黒川とこの桜並木は、やはり都会のオアシスのひとつなのだなと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村


2019/03/26

八鶴湖の桜

千葉県東金市八鶴湖の桜
千葉県外房エリアも桜が咲き始めました。
桜の開花は内房エリアより数日遅いのが常ですが、内房と外房で30~40kmほど東西に違うだけなのに、そして高い山がない房総半島だけれど、季節の変化は数日違ってくるのです(気温も4~5度違うこともざらです)。

今年は天気が荒れることがなく、気温も急激に上がることがなく、花見は長く楽しめそうです。
もうあと何度桜が見れるかなと、つい思うような歳になってきましたが、1年に一回の季節のものは、これからじっくり楽しめるといいなぁと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村