2018/12/25

長テーブルを解体

長テーブルを解体
階段下に、組み立てた本棚を設置したのに伴って、そこにずっとあった長テーブルを解体しました。
10年以上使っていたと思います。
もともとはパソコン作業用テーブルでしたが、初めはノートパソコンだけだったので、なんとか役に立っていましたが、その内デスクトップパソコンになり、大型の液晶ディスプレイを使うようになって、テーブルとしては別の用途になったり、その時々で色々役に立ってくれた長テーブルです。
材料も、もとはパソコンデスクだったものを解体して流用したので、サイズも目的にかっちり合ったものではなかったと記憶していますが、我が家らしいDIY初期の頃の長テーブルです。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

2018/12/25

階段下に本棚設置

階段下の本棚
階段下のスペースに新たに作った本棚を設置しました。
材料はジョイフル本田のパイン集成棚19mm厚とマルチ支柱です。
以前に洋服の整理棚として製作して、オープンの棚はやはり便利だなと感じていたので、本の類を一時的に整理するのにもいいだろうと決断して、早速材料を買ってきて組み立てました。
まあ、製作というより組み立てですが、それなりにコツはいります。
ですが、材料調達と組み立てで2日あれば出来てしまいます。
便利ですね~、こういうものは。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

続きを読む

2018/12/05

テレビを壁掛けに

S4C-FBの同軸ケーブルと4C接栓
2階を模様替え中です。
まだ未完ですが、まず20畳ロフトに置いていたベッドを12畳部屋に移動しました。
そこで困ったのがテレビの置き場所です。
今までは本棚(のようなもの)の上に置く場所があったのですが、12畳部屋はそんなスペースがなく、さてどうするか?
そこで、テレビは24型なので、壁掛けがいいんじゃないか、と考えテレビ裏面のVESAマウント規格のねじ穴を利用して自作ステーを考えたのですが、試作の段階で上手くいかないことがわかり断念。
またまたamazonで壁掛け器具を探したら、ありました2,000円以下で色々あります。
さっそく上下5度、左右10度に傾くディスプレイアームを注文し(一応32型まで対応品)、壁のテレビコンセントからのアンテナ線配線のためにマスプロ電工製のS4C-FBケーブルと4C用接栓も併せて購入しました。
久しぶりのテレビ関係のDIYです。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

続きを読む

2018/12/04

すのこで棚づくり

すのこで棚づくり
結婚して横浜に住んでいる姪っ子が会社の行事で当たってもらったネスカフェドルチェグストを譲ってくれました。
どうもあまり使わないようで。
それで、このマシーンを保管する場所が必要になり、処分と再利用を兼ねて、保管していた「すのこ」を使って棚(キャビネット?)を作りました。
6枚板のすのこの4枚分をカットし、長辺側約1/3をカットして側板とし、あとは現物合わせです。
下にキャスターでも付ければキッチンワゴンになるかもしれませんが、それはこれからの使いようで考えることにします。

今回のDIYのリクエストは妻、ラフプランも妻。
妻はアイデア出しが得意ですが、必要にならないと出てこないです。
「この余った端材で何か作れないかな?」という課題と相談には良い答えが出てきません。
ま、当たり前かもしれませんが。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

2018/09/30

蛍光灯ダウンライトのE26口金LED電球化

蛍光灯ダウンライトのLED化改造
我が家のダイニングキッチンの照明は蛍光灯のダウンライト4灯とペンダントライト3灯です。
このうちペンダントはE26口金のクリア電球だったものをコストコで買ったLEDクリア球に交換済みです。
しかしながら、ダウンライトの方は蛍光灯がFHTタイプのもので、ランプ切れを2年近く前に起こし、次第に入手困難になってきていることがわかり、LEDタイプにしなくちゃね、と思って時間が過ぎてしまいました。
そうこうしているうちに2つ目も切れてしまい、いよいよLED化を検討しました。
現在はダウンライトも一体型のLEDタイプが主流で、価格的にも1個2,000円台からありますが、色々調べていくうちに、スマート電球があることを知りました。
ひとつはPhilipsから出ているHueというもので、これはAmazon Alexaで操作できるものです。
もうひとつはIKEAから出ているトロードフリというスマート電球で、Hueと同じ仕組みでワイヤレス操作できるものです。
初期投資はIKEAの方が安くて、将来的にはHueに組み込むことが可能であることもわかりました(多分やらないけど)。
ということで、IKEAのスマートライティングを導入してみました。
IKEAのスマートライティング トロードフリ
写真上4個の箱がそれらで、1個(2,999円)は(2.4GHzで)ワイヤレス操作するリモコン付属ですでにペアリング済みです。
これに他の3個の電球(各2,499円)を1個ずつペアリングさせ、4個を同時に操作します。
色温度は3段階(2200K、2700K(電球色)、4000K(昼白色))、明るさは基本6段階(無段階調光可)に変化させられます。

ダウンライトはFHTのための(多分)回路基板を取っ払い、E26のソケットを組みました。
(これは完全に自己責任です)
とりあえず結果は良好で、問題なく操作できます。
なかなか面白いです!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

続きを読む