2020/01/08

アンテナブースターをDIY交換

BSとUHFのアンテナブースターと分波器
年末にテレビを見ていたら、妻が「地デジが映らない!」
BSは問題なく映るので、ヘンだなぁ、と思ってバルコニーのDXアンテナ製平面アンテナの向きや位置を少し変えてみましたが、どうも変な感じで、今までと電波強度が取れる向きも位置も違うのです。
どうしたもんか?と色々考えてみたのですが、アンテナブースターの寿命かな?ということで(まだ我が家のテレビは4K対応ではないけれど)この際4K8K対応品に交換しよう!とネットショッピングを開始しました。
すると気になる記事を発見!
「700MHz問題対策品がどうのこうの...」
そう言えば!「700MHz帯の利用が始まるので、地デジの受信障害が発生するかも?」的なリーフレットが昨秋ごろポストに入っていたなぁ。
ということで、「総務省」と「700MHz利用推進協議会」のページで確認してみました。
要は、2011年の地デジ放送開始に伴って、アナログ放送では使っていた700MHz帯を使わなくなったので、そこを携帯電話用に利用開始するというもので、700MHz帯までブーストしてしまう古いアンテナブースターは混信して地デジが影響を受けるので交換してね(基本は、上記の協議会に連絡すれば、フィルターをかますorブースター交換を無償でやってくれるんだって!)、ということだそうです。
ホプシーの住むエリアは「影響がでるかも?」というレベルらしいけど、やっぱり駄目だったのね、ということで、協議会へ連絡してもフィルター追加でごまかせられても嫌だし、そろそろ15年を過ぎたブースターは交換するつもりでいたので、自腹交換することにしました。

DXアンテナ製CS/BS-IF UHFブースター CU43AS
ということで、選定したのは「DXアンテナ製CS/BS-IF UHFブースター CU43AS」。
これはパッケージ版の「GCU433D1S」のWeb通販限定?簡易包装版で、価格が3割ほど安いのが魅力です。
(スペックを見ると確かにUHFは470~710MHzとなっています。古い方は470~770MHz。)

我が家のブースターはユニットバスの天井裏にあるので、自力交換しました。その際、大変更を行いました。
今まで使っていたのは卓上ブースターで、BSとUHFを入力して、2分配して出力するものでした(当時よく知らずにこれにした)。
その2分配されたものをそれぞれ6分配して、各部屋に送っていました(つまり12分配!)。
これはまだBSと地上波がアナログ放送だった頃に新築工事で電気工事屋さんが、「BS/CSと地上波は別ラインにしたほうが...。」みたいなことを言って、壁のテレビコンセントを2系統に分けるよう壁内配線したのです。
で、よくわからず(混合)2出力のブースターを買っちゃったのね、当時の私、無知でした。
(本当はBS/CS用とUHF用と別々にブースターを用意するべきだったのです)

ですが、今はデジタル放送の時代で、BS/CSとUHFを混合して1本で送っても問題なし、さらにメンテ性やコストもその方がいいということが分かり、BS/CS+UHF混合一本6分配とすることにしました。
壁コンセントからテレビへの配線が1本減ってすっきり!
とにかく、勉強になりました!

さて、結果は良好、地デジも無事映り、電波強度も2台のテレビと1台のHDDレコーダーのチューナーで確認して(やはり700MHzに近い方のチャンネルの強度が回復しました)、地デジの電波強度は数値的には30~40%アップしました。
前ブースターは30dB形で、今回はUHFは33dB/43dB共用形、BS/CSは35dB形。
UHFの方は43dBのボリューム位置は9時の位置、BS/CSは18/25dBの9時の位置で調整しました。
レベルチェッカーを持っていればいいのですが、高価なのでねー。
ブーストはほどほどがいいのです。

にほんブログ村 にほんブログ村


続きを読む

2019/12/22

スマホ・タブレット用パッシブスピーカー

スマホ用パッシブスピーカー
これは、スマホやタブレットで縦長にしたときにスピーカーが底部にあるタイプのものを、縦て置いた時にスピーカーの音がホーンの原理で少し音量が大きくなるようにしたものです。
以前に試作したものを、妻がヨガのレッスンとかする時に使ってくれているのですが、なんと同じようなものが欲しいとリクエストをいただき、今回はiPad mini用に製作しました。
スマホより大きいタブレット用なので、背もたれを付けてみました。
背もたれ用なのですが、後方に音が逃げないようになったせいで、音質的には良くなったように思います。
今回は、さらにトールペインターによって塗装されるので、見栄えもよくなる予定です。
喜んでいただけるといいのですが。

にほんブログ村 にほんブログ村


2019/12/21

シンプソン金具のソーホースブラケット

シンプソン金具のソーホースブラケット
ソーホースは、DIY木工作業などでは、あると便利なツールのひとつですが、そのソーホースを簡単に作れるブラケットは色々なものがあります。
私はずいぶん前にシンプソン金具のブラケットを購入してソーホースを作り、様々に活用してきました。
ですが、さすがにツーバイ材が朽ちてきて、そろそろ作り直しかな?と思い一旦解体しました。
でも、やっぱりないと不便!ってことで脚の朽ちた部分を切り落として、トップバーは新しくして、ちょっと小さいソーホースを作りました。
ブラケット1個あたり12本のビスを使うので、全部で96本もビスを使うところが、ちょっと過剰気味ですが、まあその分かなり頑丈です。
ただ、ブラケットにはツーバイ材専用のガイドがあり、脚部は厚みが38mmジャストでないとはまりませんし、トップのツーバイフォーも幅89mmでないとしっくりしません。
見た目はかなりイマイチですが、外で使うソーホースはこんなもんです。

にほんブログ村 にほんブログ村
2019/11/26

ミニソーホース

ミニソーホース
ミニソーホースを作りました。
ソーホースはブラケットなどの金具を使えば簡単に作ることが出来ます。
わたしもシンプソン金具で作ったことがあり、とても便利に使っています。
今回は、高さの低い、場所に見合ったサイズのものが必要になり、端材で作ってみました。
ネットで検索すれば、色々なソーホースの作り方が載っていますが、やはりDIYの本場アメリカにはたくさんの制作例が載っています。
それらを参考にして、作ってみました。
長さは600mm、足の長さは550mmで、他の寸法は成り行きです。
半雨ざらしの端材なので変形やねじれが少しあり、見た目も汚いですが、四つ足の安定感は思いのほかあります。
作業所要は1.5時間弱。30分くらいで作れるようになりたいですね。
重量物を仮置きしたいので、足に補強が必要かもしれません。
あとで追加しようとおもいます。

にほんブログ村 にほんブログ村


2019/11/07

コストコの調光器対応LED電球E17

コストコの調光器対応LED電球E17
我が家には新築当初2か所に調光できるダウンライトがありました。
ですが、そのうちの1か所はレフ球を使うものでよく切れました。
そこで調光器対応蛍光灯に換えてみたのですが、これも思いのほか寿命が短く、それでLED電球にすることにして、壁の調光スイッチを単なる入り切りスイッチに交換してこれまで使ってきました。
そのLED電球も切れてしまい、さてどうしようかなぁ、と思ったのですが、試しに調光器対応のLED電球をコストコで買ってみることにしました。
E17口金、40W相当、4個で1,598円。

今までの壁スイッチ
当初調光スイッチだったものを、単なる入切スイッチに交換した壁スイッチを、元に戻さねばなりません。
前回の交換時も収めるのに苦労しましたが、今回もちょっと難儀しました。
新築時に電気工事屋さんがブツブツ言いながら作業していた理由が、今なら分かります。

壁スイッチを調光スイッチに交換
無事交換できました。
こういう工事は無資格でやってはいけないですが、私は有資格者です(経験不足は認めますが)。

にほんブログ村 にほんブログ村


続きを読む