2022/05/04

作り直したガーデンシンク

簡単に作り直したガーデンシンク
ちょっと思い立って一旦壊したガーデンシンクですが、うまく新プランがまとまらず放置していましたが、やはり無いと不便なので、とりあえずまた暫定で作り直しました。
以前と違うのは、高さだけです。
ちょっと(10cmくらい?)高くして使い勝手を良くしました。
ただ、排水管の長さが足りなくなったので、別途探してこなくてはなりません。
こんなものでも、ないよりはあった方がずっと便利!な、ガーデンシンクですね。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ


2022/03/18

ワンタッチバックル作業ベルト

作業ベルトワンタッチバックル ベルト幅38mm SK11 藤原産業
ずい分前に安い帆布製の腰袋を買いました。
安いゆえベルトではなく、太めのロープだったのですが、それはイマイチですぐにロープは取っ払い、余っているジーンズ用のベルトでも使えば、と思ったのですが、作業では着けたり外したりが頻繁で、ワンタッチバックルの方がずっと便利です。
と思ったものの、そのままになってしまい、そのうち腰袋も使わずになってしまい、、、。

でも腰袋があれば便利だと思う場面は結構あります。
なので、やはりちゃんとベルトを買って腰袋を使えるようにしようと思い立ち、SK11のワンタッチバックル作業ベルト(SB-OT38カーキー)を買ってみました。
ベルト幅は38mm、ベルト厚2.5mm、サイズ調整範囲1150mmまで。
外仕事がもっと楽しくなりそうです。

にほんブログ村 にほんブログ村


2022/03/14

追入のみ24mm

儀助 追入のみ 24mm 高儀
少し幅広のノミが必要になり、初めて「追い入れのみ」を買いました。
もちろん必要にせまられてなのですが、今まではホームセンターで買ったショート洋ノミを使っていましたが、使い勝手は良くありませんでした。
ですが、ホゾを開けるようなことはしないので、そんなに困ったことはありませんでした。

さて必要だとはいえ3mm刻みで幅が何種類もあるので、どのサイズを買うべきかは調べてみました。
先人の教えは、「まず9mmと24mmを持て」、というもので、その後15mmを足して3本あれば、ほとんどのことは足りる、と書かれていたのを参考にして、24mm(高儀の儀助シリーズ、安価品ではありますが)を買うことにしました。
(亡父が持っていた18mmののみが手元にあるので、次は9mmを買おうと思っています。)
安価品とは言え、やはり木製柄で、日本製なのは気分が上がりますね。

にほんブログ村 にほんブログ村


続きを読む

2022/03/12

シンワのプロトラクター

プロトラクター No.19 シルバー90φ2本竿10cm シンワ
要は分度器なのですが、製図用の透明のは小さいし、実物の角度は測りづらいし、ケガキも正確には出来ません。
ということで、シンワのプロトラクターNo.19を買いました。90φ、2本竿。
もうちょっと大きいのもあるのですが、お値段でこれに決めました。

もう一つ欲しいものがあって、自由スコヤです。
すでに斜めにカットされた材の角度をこのプロトラクターで測って、同じ角度に丸のこの傾斜をつけて、斜め切りがしたいので。
丸のこの斜め切りは、丸のこの角度目盛りがアバウト過ぎて、正確な角度切りができませんし、再現性もありません。
もしかしたら、折りたたみ定規(できればアルミやステンレスの金属製)でもいいのかも?と思い、文房具用品も物色中です。

にほんブログ村 にほんブログ村


2022/03/10

Kregのポケットホールジグ

Kreg クレッグミニポケットホールジグ
ずい分前(2005~6年くらい)、DIYを始めた頃、オフ・コーポレーションという会社のカタログ(Material Tool Books Catalog)を取り寄せたことがあり(今でも持っていますが)、そこに載っていたポケットホールジョイントという板材の接合方法は、ビスケットジョイントとともに、(高度な技術習得なしで家具製作を可能にするという意味で)すごくよくできたものだなぁ、とさすがDIY先進国の人たちが考えたものは!と思ったものでした。
結局その後、いくつか家具(らしいもの)や造作物を作りましたが、接合は基本突合せでビス止め、一部はダボ接ぎで良しとすることにしてきました。
家で使うものだし、見た目は自分たちがOKなら、何の問題もないからです。
ですが、ここ数年はそういうものを作らなくなったのは、こういう新しい道具に触れて使えるようになって、出来上がるものの出来栄えが良くなっていく満足感や充実感のようなものを追わなかったからかもしれません。

ところで最近は、そんなポケットホールジョイント用の治具がAmazonなどの通販サイトで入手出来て、本家からコピー商品まで色々あります。
調べてみると、治具を自作しているDIYerもいます(すごいですね)。
ということで、ずっと頭の片隅にあったポケットホールジグを買ってみることにしました。
色々なレビューを読んでみて、最初は本家を使ってみようと思い、1989年創業のアメリカのアイオワ州のKregという会社のものを買ってみました。
フルセットはちょっと高価なので、コンパクトセットです(多分、お試し版に近いものだろうと思います)。
クランプは持っているし、ネジ類も別途入手するか手持ちのものが使えるだろう、ってことで。
久しぶりに家具製作をしてみようと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村


続きを読む