2020/03/12

ライティングレールDIY

20年使用した蛍光灯シーリングライト
1階の6畳部屋は現在は仕事部屋にしていて、本棚や仕事机やパソコンなどがある部屋なのですが、この部屋の照明は新築当初から、それまで住んでいたアパートで使っていた蛍光灯シーリングライトでした。
一度くらい蛍光灯を交換したかもしれないのですが、器具はずっと故障なく使えてきました。
インバータータイプだったので、ちらつきもなく、ジーという音もなく、パナソニック製の良い照明器具でした。
ですが蛍光灯はFHD70タイプで、消費電力は68W、そろそろLEDにすべきかなと思い、使用20年を超えた器具が故障する前に(発火故障とか起これば大変!)、DIYで換えてみることにしました。

ライティングレールの結線
一昨年、妻の知り合いの方がスポーツ専門店を閉店されるときに、内装品をいくつか譲っていただいたのですが、そのなかに照明器具があり、ライティングレールと器具がストックしてあったので、今回はそれを活用することにしました。
シーリングライトを外した電源線をレールに結線すればいいのですが、上の写真は2階のロフトにもライティングレールを設置すべく、コンセントから電源を引っ張って結線した時のものです。

新しく設置したダクトレール照明
1階の方は、電源線が天井の真ん中なので、天井から直出しの電源線にコンセントプラグを結線し、レールに抜け止めコンセントパーツを付けて電源を取りました。
ソケットはE11用4個を使い、LEDランプはE11スポットレフ球タイプでIKEAのものでした。
少し拡散が足りなかったので、中心付近にE26のLED電球を足して、暫定良しとしました。

蛍光灯は昼白色だったので(パソコンのディスプレイ的には)よかったのですが、この照明は電球色で、やはりディスプレイの色再現的には困ります。
近いうちに高演色タイプのLEDに交換しようかな、と思っています。

にほんブログ村 にほんブログ村