2020/08/19

アップコンをDIY交換

パナソニック製 アップコンシルバー丸型 DU5140PV
我が家の2階の床にアップコン(フロアコンセント)が一個あるのですが、蓋の部分が割れてしまいました。
付いていたのは、旧ナショナル製アップコン丸型 アイボリー DU1100Wのようです。
調べてみると、結構10年から20年で樹脂部分が割れてしまう(ぶつけたり、踏んだりして)ようで、みなさん自力で交換しています。
ということで、アマゾンで探してみたのですが、アルミダイカスト製のものがあり、ビル店舗用のようですが、家庭用に使っても問題なさそう(というより耐久性的にはずっと良いし、しかも少し安い)。

選んだのは、DU5140PVという型番のもので、2コ口ですが、あとでわかったのは、DU51401PVという2コ口(ボックスカバー付き)のモデルの方が住宅向きだったようです。
なぜなら、ボックスカバーがあることで(おそらく床板下空間の)防火の効果が高まるみたいだからですが、事前に探した商品説明には何も書かれていなかったので、今回は仕方ありません。

DU5140PVは「はさみ込み固定」と「ねじ止め固定」の両方に対応していますが、我が家は既設モデルが「はさみ込み固定」だったので、同様の方式で固定しました。
(両サイドのネジを締めていくと、羽根が徐々に開いて、上面の枠と羽根で挟み込んで固定されるものです)

使い勝手を考えて、これまでと開閉する向きを変えました。
少し床面から出っ張りますが、金属製の剛性感が安心ですね。
施工は安全のためにブレーカを切り、電気工事士の資格のあるものが行わなければなりません(私は資格持ち)、念のため。

にほんブログ村 にほんブログ村


続きを読む

2020/08/16

タニタのキッチンスケール

タニタのキッチンスケール KJ-212 BL ブルー
もう1年くらい前にキッチンスケールが壊れてしまいました。
タニタの多分20年以上使ったものだと思います。
それから、ずっと迷っていたのですが、やっと決めて買いました!新しいキッチンスケールを!
それは、タニタのKJ-212という型番で色はブルー、最大2kgまで測れて、最小表示は0.1g(0~200g)、というもです。
このモデルは2017年発売開始のモデルで、ブルーは品薄のようで、メインはホワイトとレッドのようです。
秤の部分のブルーのシリコーンゴムカバーは簡単に取り外せて洗うことが出来ます。

以前使っていたものは最小表示が1gだったのですが、0.1g単位で測れるこのモデルは、ちょっと楽しそう!?
あまり活躍することはないかもしれませんが、理系出身者としてはちょっと面白そうなモデルです。

にほんブログ村 にほんブログ村


続きを読む

2020/08/15

ビストロ フクモトでランチ

ビストロFUKUMOTOの本日のランチ 和牛メンチカツ
千葉市中央区にある「BISTRO FUKUMOTO」というお店でランチを食べました。
所要で千葉市に行かなければならず、お昼をどこにするか迷いましたが、以前に一度妻が行ったことのある、このお店にしたのでした。
8月15日だし、こんなご時勢だし、そもそもお店が開いてるかな?と思ったのですが、普通に営業していて、12時頃に入店したのですが、すでに(間隔を取りながらも)席やテーブルは8割がた埋まっていました。
ちょっと驚きましたが、幸い窓に近い席に案内され、窓も開けてあり(もちろんエアコン稼働中)、1時間以内に食べて出ようと妻と決めて、私は本日のランチの和牛メンチカツセットと、妻はハンバーグのビーフシチューソースのセットを注文しました。
なんだか久しぶりの洋食ランチで、気分良く食事ができました。

飲食店は感染症対策が大変ですが、こういうお店にそれなりにお客さんが入っているのは、とてもいいことだと思いました。
適切に予防して、過度に恐れず、新しいスタイルで社会生活を継続していくことが、これから大事になってきます。
スモールな世の中でもみんながハッピーになるためには、お金の総量ではなく、お金の流通スピードを上げることが重要です。
日本は他の先進国に比べてキャッシュフローが低いことが、一番の根本的なマイナス要因なので、少額でもコンスタントに国内でお金を使っていくことが結局は自分たちの生活の安定につながるのです。
将来に備えてがっつり貯蓄するなんてことを真に受けてやっていたら、日本がコケてそもそも将来が真っ暗になってしまいます。
近い将来必ずインフレがやってきますから、貯蓄なんて価値が下がって、なんで目減りする物をせっせと蓄えてきちゃったんだろうと後悔することになったら悲しいですからね。

にほんブログ村 にほんブログ村
2020/08/13

エアコンのドレンホースの詰まり解消

つまり取り真空ポンプ
7月下旬ころに梅雨が明けてから、暑い日が続いて、エアコンがフル稼働しています。
屋内で熱中症にならずに過ごせることはありがたいことですが、ある日突然、エアコンから水がボタボタ―!!っと落ちてきて、びっくり!
以前にエアコンを交換した際に、業者がやっていったドレンホースの処理が気に入らず、案の定、本体から水が溢れてしまい、ドレンホースの取り回しを大幅に変更したのですが、その経験からまたドレンホースの詰まりを疑って、以前に買った「つまり取り真空ポンプ」で、つまりを解消しました。
写真に写っている赤っぽいヘドロは後半のもので、吸い取り一発目はもっと塊りのドロッとしたものが出てきました。
聞いたところでは、そもそもエアコン本体のドレンパンに汚れが溜まっている場合があり、エアコンのカバーを外してパンが覗けるなら、その汚れを除去するのが一番いいそうです。
まあ、この感じだと毎シーズンやった方が確実なようですね。

にほんブログ村 にほんブログ村