2020/12/31

カーテンの新調2

新調したドレープカーテンとローマンシェード
キッチンルームのテラスドアにかかるドレープカーテンとドレーキップ窓にかかるローマンシェードを妻が新調しました。
ドレープカーテンは既製品です。
妻が生地の色を気に入って購入し、同じ色のものをもう一つ買って、ばらして、ローマンシェードはDIYしました。
ローマンシェードの方は、コードを通すリング付きテープを通販で購入し、カーテン生地に縫い付けを(このカーテン生地は遮光カーテンで生地が2重のため、リング付きテープがミシン縫いでつれてしまわないか)少しの間思案していましたが、思い切ってやることにして完成しました。

ここには、もともとは落ち着いた朱色のカーテンがかかっていました。
リビングのカーテンもブルー系、キッチンもブルー系になり、他の部屋も当初からブルー系なので、これで一応の統一感が出て、妻は満足そうです。
カーテンを替えるとちょっと部屋の雰囲気が変わって、気分も変わります。
ログハウスは壁が全て木目なので、そのままだと全ての部屋が単調になりやすく、カーテンの色や柄は部屋の装いをコントロールすることが出来る貴重なインテリアです。

にほんブログ村 にほんブログ村


2020/12/31

近所の神社の参道の杉並木

近所の神社の参道の杉並木
今年一年、なんとか乗り切れたことに感謝したいと思います。
変化の年でした。
そうなることは1年前に想像していましたが、こういう変化だとは思っていませんでした。
でも、個人的には見通しはそう悪くはありません。
備えあれば、そして楽しむ心持ちがあれば、変化は受け入れて行けるし、先んじることも出来ます。
変わるもの、変わらないもの、変えてはいけないもの、変わるべきもの、それぞれを見極めていく来年になるでしょう。
試されているのだと感じます。
それは、成長するために必要な時期だということです。
ぬるま湯にいたら、人間は精進しない生き物だから。

にほんブログ村 にほんブログ村
2020/12/30

自家焙煎珈琲3種

れたすの自家焙煎珈琲
いつも買っている千葉市中央区千葉寺にある「れたす」さんで、年末年始の売り出しをやっていたので、自家焙煎珈琲豆を3種類買いました。
マイルドブレンド、メキシコ・セスマッチ、ブラジルブルボン・ピーベリーの3種類です。
他にも、静岡茶やチョコレートコーティングされた珈琲豆のお菓子など買い、店主夫婦と30分ほどおしゃべりして、帰路につきました。
店主は千葉そごうでフロアマネージャーまでされたバリバリのデパートマンですが、早期退職して2000年にこのお店を始めたアクティブな御仁です。
奥様はおっとりされた親しみやすい方で、このご夫婦の人柄とリーズナブルな珈琲豆の良さと静岡の深蒸し煎茶や直輸入紅茶を扱う品ぞろえの良さが、人気の所以だと思います。
なかなか働き者夫婦なのですが、身体を壊さないように長く続けて行ってもらいたい良店です。

にほんブログ村 にほんブログ村
2020/12/24

クリスマスイブのケーキ

aNtさんのクリスマスケーキ
去年と同じく、九十九里町のaNtさんで予約したクリスマスケーキを妻が受け取りに行き、夕食を軽めにとって、ケーキを食べました。
今年は(妻がちょっと)奮発して、モンブランケーキです。
世の中が大変な時期ですが、少しでも世界に安らぎが訪れるように祈りながら、こうしてケーキを食べられることに感謝して、大人の味のクリスマスケーキを食べました。
私たちも1年1年が、いつ終わってもおかしくない年齢になってきました。
妻の両親は存命ですが、私の両親は10年近く前に亡くなりました。
私はせめて両親が生きた歳までは生きていたいと思います。
そのために優先すべきことを間違えないようにしたいと思います。
何よりも健康と命が大事です。
今、生かされていることに感謝します。

にほんブログ村 にほんブログ村
2020/12/23

茂原市の洋食屋キッチンハウス

茂原市のキッチンハウスで夕食にチキンのトマト煮
もう何年も行ってなかった、千葉県茂原市のキッチンハウスという洋食屋さんに行って、夕食を食べました。
所用で富津の方へ高速で行き、帰りは下道で帰ろうと思ったのですが、なんとなく走っていたら、茂原まわりになってしまったので、茂原で夕食をということにしたのですが、どこにしようか疲れていて私は頭が働かず、妻が「キッチンハウスは?」と懐かしい店名を口にしました。
私は20年以上前に茂原市に住んでいたことがあり、そのころよく食べに行ったお店です。
茂原駅のすぐ近くですが、表通りに面していなくて、少しわかりにくいところにあります。
果たしてやっているのかな?と思って通り側にある2台だけ停められる駐車場に車を入れて、お店の前に回ってみると、やっていました。
お店の中は以前と変わらず、カウンター席とテーブルが2つです。
メニューの価格帯も変わらず、ご主人は相応に年齢を重ねた様子でした。

私はチキンのトマト煮を、妻は冬季限定のポークシチューを注文しました。
優しい味は変わらず、ボリュームもあって、身体が暖まる料理でした。
派手さはなく、普通のお店ですが、いい料理が食べられるお店がこうして続いてくれていて、ちょっと嬉しい気分になりました。
うまくこの時期を乗り切って行ってほしいと思います。

茂原市のキッチンハウス
手前の道は線路高架沿いの歩道で、つまり車通りからはお店が見えません。
茂原駅の通勤通学の人だけが気づく洋食屋さんです。

にほんブログ村 にほんブログ村