2021/02/24

満開の梅の花

満開の梅の花
今冬は、多分20年以上前と同じくらいの寒さの冬のような気がしますが、それでも1月や2月に春のような暖かさの日が続いたりして、春の花は順調に咲き始めています。

近所の畑の脇にある大きな梅の木の花が満開でした。
今年も梅見や桜見は大ぴらにはできないでしょうが、こうして楽しめばいいのですから、悲観することはありません。
身近な草花や、庭先や道端や色々なところに植物たちは春を見せてくれるのですから。

にほんブログ村 にほんブログ村
2021/02/22

北側バルコニーDIY設置始動?

北側バルコニー設置用沓石
ログハウスの外回りをもっと快適に、使いやすく、メンテしやすく、と考えて色々なアイデアはあるのですが、なかなか実行に移せない2020年でした。
でも色々妻とアイデアを出しあいながら、優先順位や、自分の力量やステップを考慮して、そろそろと実行していく2021年にしようと思います。

さて、最初は南側のデッキの上に、既存のバルコニーを延長したものを作ろうと考えていたのですが、強度の面で不安が拭えず、ペンディングしています。
そこで、何もない北側にバルコニーを設置したら、北面の壁面メンテがやりやすくなるのでは?というアイデアが出て、さらに屋根を延長すればガレージになるんじゃ?という期待を込めて、実行してみることにしました。
まずは、簡単な図面を書いて、材料取りが無駄のないように寸法を考え、ポストの位置を決めて、羽子板付沓石を置いてみました。
ポストはすでに(ペンディングした南側のプラン用に)105角4m米栂防腐材を購入済みなので、バルコニー材を調達すれば進められる段階です。
でも、改めて持ってみると4m米栂材は結構重いですから、立上げには工夫が必要で、ちょっとよく検討しないと!

にほんブログ村 にほんブログ村


続きを読む

2021/02/22

海外旅行用スーツケースにさようなら

妻の思い出のスーツケースにさようなら
ちょっとづつお片付けが進行中の我が家ですが、妻が思い出のあるスーツケースを処分しました。
中身が空で保管しては空間がもったいないので、カーテンを作ったりした時に残った布などを詰めて保管してきましたが、場所を取るし、中身の別の保管方法を見つけた妻は、スーツケースを点検したところ、ロック部分が壊れかかっていて、役目は終えたと判断しました。
妻が初の海外旅行に行った10代の頃から使っていたスーツケースで、約10回(多分)の飛行機旅行を共にしたのですから、思い出深いでしょう。
妻はカバンの類が好きで、大小色々なものを持っていますが、またいつか海外旅行に行ける日が来ることを(私が持病の不安なく飛行機に乗れるようになることを)願っています。
その時はまた新しいスーツケースかな?

にほんブログ村 にほんブログ村


2021/02/20

木製カウンターチェアの組立て

木製カウンターチェアの組み立て
我が家のプチリフォームが続いています。
以前やっていたスタイルや習慣が、生活の変化とともになくなってしまったり、変わってしまったり。
なんで今はこうなったんだっけ?と振り返ってみれば、理由はちゃんとあったりしますが、それが直接的な原因の場合もあれば、間接的な原因の場合もあって、後者の場合は原因に気づきにくいものです。

さて、新築当初、私たち夫婦はアイランドキッチンで食事をとっていました。
利点は、食事の支度をして、そのまま並べて、食べて、食後シンクへ(または食洗機へ)という流れが途切れにくいことでした。
ところが最近は食事をする場所がリビングや2階になることが多く、お皿や何やら持ち運ぶのがちょっと面倒になっていました。
結果、食器類の片づけがおろそかになり、洗い物が溜まったり、乾いたお皿やなべがアイランドの上で...。

「なんで、アイランドで食べなくなったんだろう...。」と、妻が呟き、気づいた原因は、アイランドに合う椅子がないからだ!というものでした。
そうなんです、新築当初に買った金属製のカウンターチェアは、ガススプリングの昇降式で、回転椅子だったのですが、回転するゆえに不安定で、ちょっとイマイチで、2脚あったのですが、1脚を人にあげてしまい、...。
ということで、アイランドキッチンに似合う木製の椅子を探し始めた妻が、楽天市場で見つけました。
実はこれまでも何度も実店舗やオンライン上で探してきたのですが、我が家のアイランドキッチンに最適な座面高の木製椅子が見つかりませんでした。
しかし、今回は妻が発見!座面高60.5cm。(アイランドの高さは87.5cm、膝入れ高さは75.5cm)
(通常、日本向けのダイニングチェアは約40cm、欧米サイズで約45cm(18inch)、カウンターチェアは60cm以上で背もたれが低くて、危ないし、腰に良くない。)

さて、すぐに届いた椅子はラバーウッド製で、座面は突板の2脚、完成品ではなく、組み立てなくてはなりません。
ショップの口コミを読んでみると、皆それなりに組み立てに苦戦しているようでした。
ボルトナットで固定する部分もありますが、木ネジで固定するところもあり、そこがラバーウッドゆえ堅いようで、女性の力では難儀、電動工具が必要という口コミもありました。

ですが、手順に従い、妻と協力して慎重に組み立てれば、ガタつくことなく組み立ては完了。

組み立てた木製カウンターチェアとアイランドキッチン
この景色に妻は感慨深げ、「もっとはやく、こうすべきだったなぁ」と思うくらい、良い感じになりました。
まあ、家具というものは、探しても見つからない時もあるし、見つけた時に財布と相談できない時もあるし、やはり縁のようなものがあると思います。
今回は、良い縁があったのだと思い、大事に使っていきたいと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村


2021/02/11

USBマイクロフォンとポップブロッカー

マランツプロのUSBマイクロフォン Pod Pack 1とキクタニのポップフィルターPO-8
新型コロナウィルス感染症対策として、自営業でここ数年力を入れていたセミナーやレッスンをオンラインで行っています。(主に妻の担当です)
オンラインミーティングアプリを使い、遠隔でWebサイト制作セミナーをやったり、動画コンテンツを作って配信したり、と妻が頑張っていますが、そのための環境づくりもコツコツ整えてきました。
基本的には手持ちのモノをうまく工夫して使ったりしていましたが、オンライン化の機材的な肝は、やっぱりカメラとマイク(そしてスピーカー)です。
それまでノートパソコンのWebカメラと内臓マイクを使ってきましたが、カメラはまだしも、マイク音声がダメダメでした。
ノートパソコンに内蔵のマイクは(またはパソコンのマイク入力端子に入力して使うマイクやイヤホン付属のマイクなどは)、基本的にアナログ回路が物理的に長く、そこにパソコンから発生する各種ノイズがアナログ回路に乗っかってしまいます。
ノイズはパソコンの高周波ノイズや、CPUファンやハードディスクのディスクモーター音などの物理ノイズなどがあります。
これらのノイズを音声信号に乗せない(正確には低減させる)ためには、USBマイクロフォンというものを使う手があります。
USBマイクロフォンは、
【音声(アナログ) => コンデンサーマイク(アナログ) => A/D変換 => 音声信号(デジタル) => USB出力】
という構造が一体となったものです。
USB出力されたものがUSBケーブルでパソコンに入力されるので、マイクからPCまでがデジタル信号のままなので、アナログノイズが乗りにくいという利点があります。
もちろん、USBマイクロフォンといえど、PCに近づけすぎると高周波ノイズがマイクロフォン内部のアナログ回路に乗ってしまうので、そこは注意したいところです。
ですが、PC内臓マイクやマイク付きイヤホンのマイクとは歴然とした差があるので、クリアな音声で相手に聴いてもらいたいと思えば、とても良い機材です。

マランツプロのUSBマイクロフォン Pod Pack 1
ということで、ネット上の口コミを参考にして、マランツプロ(marantz Professional)のPOD PACK 1という、USBマイクロフォンを買ってみました。
これは、マランツプロのUSBマイクロフォンMPM-1000Uの弟版みたいなもので、USBマイクと机に固定できるスタンド(小型ブームスタンドとクランプ)がセットになったものです。
単一指向性で、USBバスパワー駆動のコンデンサーマイクで、S/N比は78dB。

キクタニのポップフィルターPO-8
コンデンサーマイクは湿度に弱いらしく、製品寿命は長くないそうです。
なので、ポップノイズの低減とマイク保護(飛沫除け)のために、ポップブロッカー(ポップガード、ポップフィルター)をあわせて購入しました。
これはキクタニのPO-8というもので、金属メッシュフィルターで出来ています。
グースネックタイプで、自作できそうな構造のモノですが、この方がなんだか気分が上がる?

早速これらをセッティングして使ってみた感想は、「全然、今までと違う!!!」とは妻の弁。
確かにノイズは大幅に減り、声もクリアになりました。
これで、オンラインの向こうの方に聴きやすい声を届けることができます。
いいものがありますね~。

にほんブログ村 にほんブログ村