2021/02/11

USBマイクロフォンとポップブロッカー

マランツプロのUSBマイクロフォン Pod Pack 1とキクタニのポップフィルターPO-8
新型コロナウィルス感染症対策として、自営業でここ数年力を入れていたセミナーやレッスンをオンラインで行っています。(主に妻の担当です)
オンラインミーティングアプリを使い、遠隔でWebサイト制作セミナーをやったり、動画コンテンツを作って配信したり、と妻が頑張っていますが、そのための環境づくりもコツコツ整えてきました。
基本的には手持ちのモノをうまく工夫して使ったりしていましたが、オンライン化の機材的な肝は、やっぱりカメラとマイク(そしてスピーカー)です。
それまでノートパソコンのWebカメラと内臓マイクを使ってきましたが、カメラはまだしも、マイク音声がダメダメでした。
ノートパソコンに内蔵のマイクは(またはパソコンのマイク入力端子に入力して使うマイクやイヤホン付属のマイクなどは)、基本的にアナログ回路が物理的に長く、そこにパソコンから発生する各種ノイズがアナログ回路に乗っかってしまいます。
ノイズはパソコンの高周波ノイズや、CPUファンやハードディスクのディスクモーター音などの物理ノイズなどがあります。
これらのノイズを音声信号に乗せない(正確には低減させる)ためには、USBマイクロフォンというものを使う手があります。
USBマイクロフォンは、
【音声(アナログ) => コンデンサーマイク(アナログ) => A/D変換 => 音声信号(デジタル) => USB出力】
という構造が一体となったものです。
USB出力されたものがUSBケーブルでパソコンに入力されるので、マイクからPCまでがデジタル信号のままなので、アナログノイズが乗りにくいという利点があります。
もちろん、USBマイクロフォンといえど、PCに近づけすぎると高周波ノイズがマイクロフォン内部のアナログ回路に乗ってしまうので、そこは注意したいところです。
ですが、PC内臓マイクやマイク付きイヤホンのマイクとは歴然とした差があるので、クリアな音声で相手に聴いてもらいたいと思えば、とても良い機材です。

マランツプロのUSBマイクロフォン Pod Pack 1
ということで、ネット上の口コミを参考にして、マランツプロ(marantz Professional)のPOD PACK 1という、USBマイクロフォンを買ってみました。
これは、マランツプロのUSBマイクロフォンMPM-1000Uの弟版みたいなもので、USBマイクと机に固定できるスタンド(小型ブームスタンドとクランプ)がセットになったものです。
単一指向性で、USBバスパワー駆動のコンデンサーマイクで、S/N比は78dB。

キクタニのポップフィルターPO-8
コンデンサーマイクは湿度に弱いらしく、製品寿命は長くないそうです。
なので、ポップノイズの低減とマイク保護(飛沫除け)のために、ポップブロッカー(ポップガード、ポップフィルター)をあわせて購入しました。
これはキクタニのPO-8というもので、金属メッシュフィルターで出来ています。
グースネックタイプで、自作できそうな構造のモノですが、この方がなんだか気分が上がる?

早速これらをセッティングして使ってみた感想は、「全然、今までと違う!!!」とは妻の弁。
確かにノイズは大幅に減り、声もクリアになりました。
これで、オンラインの向こうの方に聴きやすい声を届けることができます。
いいものがありますね~。

にほんブログ村 にほんブログ村