2019/06/28

Panasonic レッツノートを復活させる

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
お取引先の社長さんが8年使ってきたPanasonic レッツノート CF-B10というモデルのノートパソコン(Windows 7 Pro 64bit SP1)のハードディスクが壊れてしまい、新しいノートパソコンはどれがいいか?と相談を受けていたのですが、色々と候補を挙げる中で、社長さんがまだレッツノートに愛着を持っていると感じて、HDDからSSDへの換装とWindows 10クリーンインストールを提案したところ、即決となり、すぐにSSDとWindows 10を取り寄せて、レッツノートを復活させました。

購入したのは、Windows 10 Home(64bit/32bit、USBメモリ版)、ウェスタンデジタルのWD Green SSD 240GB、2.5インチドライブ用スペーサー(7mm -> 9.5mm)です。

このCF-B10というモデルは、2011年頃のもので、実はパナソニックさんではWindows 10は動作保証外となっています。
(Windows 10の無料アップグレード対象外だった)
理由は色々あるのでしょうが、おそらくはSDカードリーダーのドライバーが当たらないのが一番の不都合なのでしょう。
Windows 10インストール後は、LAN、WLAN、ディスプレイ、DVDドライブ、USB周りなど特に問題ありませんでした。
スペック的には十分で、細かいところは目をつぶって、代替手段で使用すると割り切れば、まだまだ十分戦えるマシンとして復活したのではないかと思います。
それにしてもレッツノートは、修理しやすいように出来ていて、良く考えられていますね。

にほんブログ村 にほんブログ村


ノートパソコン:Panasonic Let's Note CF-B10
Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
作業前に少しアルコールウェットティシューできれいにしました。

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
裏返して、バッテリパックを外します。手前のはメモリにアクセスする小窓です。

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
バッテリパックは簡単に外せます。外すと左側にHDDが格納されているフタが見えます。

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
精密ドライバで2か所のネジを外します。かなり硬いです。私はラジオペンチでドライバをつかんで回しました。

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
フタが取れました。

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
半透明のベロを引っ張って、HDDを静かに引き出します。静電グローブでの手作業です。

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
取り出したHDDと、購入したSSDでは厚みが違います。HDDは9.5mm厚、SSDは7mm厚。

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
なので、SSDが中でカタカタしないように、スペーサーを貼り付けます。

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
また、次に引き出す時にやりやすいように、半透明のベロもSSDに貼り直します。

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
SSDをもとの場所にゆっくりと挿入します。何かひっかかりがあるときは無理に押し込まず、何度でも入れ直します。

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
必要だった道具類です。レッツノートは特殊工具がなくても分解が容易で、さすが法人向けで評価されているのがわかります。

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
Windows 10 Homeは、この時点ではバージョン1809で、今回はUSBメモリ版を選択しました(他にはオンラインコード版)。
ノートパソコンが光学ドライブレスになってきている現在では、USBメモリメディアでの提供は当たり前なのでしょうね。

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
さて、インストールは新規クリーンインストールなので、難しいことはあまりありませんが、インストール時のみBIOSで起動順を「USBハードディスク」にしておくことは言うまでもありません。
(USB Flash Driveという項目がなくて、少し焦りましたが、USBハードディスクで問題なくインストールメディアが認識されました)

Panasonic レッツノート CF-B10 HDDからSSD換装とWindows 10クリーンインストール
さあ、今どきのWindowsノートパソコンになりましたが、起動は爆速です。
もちろん、旧機種なのでファストブートはできませんし、高速スタートアップも無効にしましたが、それでもSSDとWindows 10の恩恵は素晴らしいですね。
今回は様子見でメモリの増強(現在は4GB)はしませんでしたが、これから導入するソフトウェアの動き次第では、8GBくらいにした方がいいかもしれません。

ということで取引先の社長さんは、爆速起動に仰天して、とても喜んでいました。
あとはセキュリティソフトとオフィスのセットアップ作業を行う予定です。

関連記事

コメント

非公開コメント