2020/02/09

シリアルにヨーグルトと生イチゴの朝食

シリアルにヨーグルトと生イチゴの朝食
ここ数年、朝食はグラノーラやコーンフロストなどのシリアルを食べています。
6年前に病気をする前は食パンをホームベーカリーで焼いて食べていました。
でも、パン小麦の摂取を減らそうと思い立ち、それ以来シリアルを食べています。
今の朝食は、グラノーラを低脂肪牛乳にちょっと浸し、そこへ低脂肪ヨーグルトを約100g、トッピングはジャムかてんさい糖です。
しかしながら、毎日だとさすがに飽きることもあり、季節の果物を(主にいただきもの)トッピングすることもあります。
この季節は、イチゴです。
毎年いただく(または買う)、知り合いの農園産のイチゴですが、今年は秋の台風でハウスが全壊し、苗が一度だめになり、そこからやり直したので(加えて暖冬で)、イチゴが大きく実る前に紅くなってしまい、小粒のばっかりだ~、と嘆いていらっしゃいました。
それでも私たちには濃い味の(よく熟して酸味も甘みも濃いってことです)イチゴはとても美味しいです。

苺はへたを上にして横から見てハート形のものが完熟です(ダイヤ型は未熟です、味が薄く、酸っぱいだけ)。
へたの周囲が盛り上がっていれば(その状態では、へたが反り返っている)、実が詰まってる証です。
さらにへたまで紅みを帯びていれば、申し分ない完熟です。
(写真の一番左のイチゴがそれです)
果物のなかでイチゴだけは直売で買いましょう。

にほんブログ村 にほんブログ村


関連記事

コメント

非公開コメント