2020/02/12

パインの集成材で作ったヨガブロック

パインの集成材で作ったヨガブロック
ヨガのインストラクターをやっている妻から、
「ヨガブロック作って~!」
というリクエストがあり、手持ちの端材で作ってみました。
端材は、パインの集成材の棟木の切れっ端しです。
リクエストサイズは110×70×230mmだったのですが、材の厚みが115mmだったので、出来上がりは115×70×230mmになりました。
丸のこの回し切りをしなければいけなかったのですが、丸のこのベースが変形しているためにカット面の垂直が出ず、結果サンダーで削ってなんとか平らにするという、無茶な作りとなりました。
なので、妻が使っている売り物のようなレベルにはならず、あくまでプライベート仕様ですが、妻のリクエストした4組(8個)をなんとか作って良しとしました。

調べてみると一般的にはヨガブロックはEVA製(エチレン酢酸ビニルコポリマー、エチレンビニルアセテートの頭文字)のものがほとんどで、他にコルク製や竹製やラバーウッド製のものがあり、パイン材やヒノキ材や杉材のものは、ごく一部であることがわかりました。
樹脂製のものは軽いので持ち運びは楽ですが使用時に不安定なのが欠点で、木製のものは適度な重さ(約700~1000g)があっていいようです。
まだ材料はあるので、丸のこのベースを調整して、もうちょっと綺麗に作れるようにしたいなと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村


関連記事

コメント

非公開コメント