2021/01/02

ロボット掃除機導入

ECOVACS DEEBOT U2 PRO
ついに、というか、やっとと言うべきか、ロボットクリーナーを購入しました。
Amozonのブラックフライデーセールで。
ずい分(多分2年くらい?)悩みました(迷いましたかな?)。
王道のルンバにすべきか、否か。
ルンバがいいのはわかりきっています。
出荷台数No.1、ということはノウハウも品質の耐久性も安定性もいいということです。
しかし、我が家での難点が3つあり、掃除機の高さが9cmを超え潜り込めない家具があること、そしてユーザー唯一の概ね不評な騒音、そして価格です。
そこで、価格が魅力、高さが8cm以下、稼働音低め、そしてダストボックスの手入れのしやすさ、などを比較検討して、ECOVACSというメーカーのDEEBOT U2 PROというものにしてみました。
最後まで悩んだのは、iRobot ルンバ692(Amazon限定モデル)とAnker Eufy RoboVac G10 Hybrid(ヨドバシカメラ)です。
セール価格で比較すれば、どれも同じような価格でした。
前者は、低価格モデルでやっと採用になったリチウムイオン電池やAmazon Alexa対応が魅力で、いずれ買うことになるかもしれません(セールのときだけど)。
後者はモップ掃除もできるモデルで、モバイルバッテリーで有名なAnkerのものなので、バッテリーの安心感があります。

さて、このDEEBOT U2 PROは、水拭きもできるのですが、惹かれたのはダストボックスが2種類あり、ダスト+水タンクのものと大容量ダストボックスがあることです。
我が家では水拭きはしないので、この大容量ボックスがポイント高かったです。
さらにブラシも2種類あり、通常ブラシとラバーブラシ(髪の毛が絡みづらい)があります。
マッピング機能はないので、あまり家具が多くある複雑な場所は向いてないでしょうから、まずは寝室から使ってみようと思います。
寝室というのは常に綿埃が堆積しやすいところですからね。
がんばってね~。

にほんブログ村 にほんブログ村


関連記事

コメント

非公開コメント