2021/02/07

ロサンジェルス・エンジェルスのスウェット

ロサンジェルス・エンジェルスのスウェット
元マリナーズのイチロー選手がヤンキースにトレードされた頃から、NHK-BS1でMLB中継をよく見ています。
それまでは、BS放送を見る環境が整っていなかったので、イチロー選手の全盛期をよく見ていたとは言えません。
ですから、ヤンキースへトレードされた後のイチロー選手の奮闘の方が、私の記憶に多く残っています。
(もちろん、2009年のWBCはかぶりつきで見ていましたが)
私見ですが、イチロー選手が生涯マリナーズ在籍だったら、少なくともあと200安打は積み上げられたでしょう。
それほど、ヤンキース、マーリンズ在籍時は、そこそこの打率と得点圏打率があるにもかかわらず、先発で使われず、打数がとても少なかったのです。
もちろん、メジャーの契約は複雑怪奇で、どんなに成績が悪くても「先発保証」のような契約さえあるのですから、移籍後のイチロー選手がそういった選手に比べて不遇の契約を強いられたことは想像に難くありません。
そんな状況でも3000本安打を達成し、最後は2019年に古巣シアトルマリナーズで引退できたのですから(しかも1年延ばしていたら、新型コロナで、華々しい凱旋引退も出来なかったでしょうから)、やはり強いものを持っているのでしょう。

さて、そんなイチロー選手にとって代わるかのように登場した大谷選手の1年目には大興奮しました。
私は日本時代の大谷選手をほとんど見ていません。(日本のプロ野球に興味がない)
だけど、メジャー1年目の大谷選手のビッグフライ!も投球も、魅せるものが大いにあって、新しいスーパースターになりそうな予感がします。
投げて、打てる二刀流だけでも十分スーパーですが、メジャーでは最低連続3年活躍して本物、できれば5年以上で一流、超一流なら10年間は連続して一線級の活躍をして初めてスーパースターと言われます。
ですから、大谷選手にはあと8年はスーパーな活躍を期待しています。

ということで、「パシオス」というお店で、ロサンジェルス・エンジェルスのスウェットを見つけ、どうやら正規ライセンス品のようなので、セールになっていた(今の季節の商品じゃないからシーズン落ち品でしょう)のを見て、買ってしまいました。
アメリカには行けませんが、2021年シーズンはこれを着てテレビの前で観戦しようと思います!

にほんブログ村 にほんブログ村


関連記事

コメント

非公開コメント