2021/03/26

泉自然公園の野鳥

ヤマガラ
千葉市の泉自然公園は、自然の地形を生かした自然体感型の公園で、野鳥観察にもいいところです。
多少は人の気配に慣れているので、大仰な双眼鏡やフィールドスコープでなくても、20倍くらいの双眼鏡があれば、野鳥を見つけることができます。

ヤマガラはカラ類の中では、山地に隣接した住宅地を除けばあまり見かけない野鳥です。
我が家の庭でも年に数回見るかどうか、たまにシジュウカラといっしょにやってきます。
オレンジ色のお腹ですぐにわかります。
写真のヤマガラは、ツバキの木で、しきりに花蜜か固くなる前の実なのかわかりませんが、探して飛び回っていました。

コゲラ
コゲラ(の後ろ姿)です。
キツツキ類を初めて見たのはずっと前にこの公園で、です。
以前は、キツツキ類はもっと山奥で、もっと北の方や標高の高いところにいるものだと勝手に思っていましたが、低地や低山でもよく見かける野鳥で、近くに山林や山地がある都市公園でも園内に大きな木があれば見かけることがあります。
我が家の庭でも見かけたことがあります。
ドラミングの音が聞こえてくると、ちょっとワクワクします。

アオジ
アオジです。
漂鳥で、冬季に温暖地に移動するので、房総半島で見られるのはこの時期が最後かもしれません。
木々の中をでそのさえずりを聴くと、あ~森の中にいるんだな~、って感じます。

野鳥観察は、殺生をしない狩猟だと思います。
野鳥を望遠レンズ越しや双眼鏡越しに探して、その姿を捉えて観察して、写真を撮ると、なんとか撮れたときは、「捕らえた!」って感じがします。
そして、懸命に生きている姿や生を謳歌するかのような振る舞いを見ていると、生きることのシンプルさを教えられるようです。
世の中は複雑ですが、複雑さの中に生きるか、単純さの中に生きるかは自分次第で選択できることなのだと気づかされます。

にほんブログ村 にほんブログ村



今年の桜もそろそろピークを過ぎました。
泉自然公園の桜
また来年!

関連記事

コメント

非公開コメント